合宿免許にかかる費用

合宿免許は、2週間程度の短期間で運転免許が取れる、自動車教習所が提供しているプランです。合宿教習は全国のリゾート地などで行われており、学生が夏休みや春休みなどを利用して授業を受けることができることから、この名前がついています。

合宿免許を取得するのにかかる費用は、教習費をはじめとして検定を受ける費用、免許交付手数料、入学金が必要なところもあります。これらに、宿泊費や食費などが加わります。合宿教習は自動車教習所に通学するよりも安くすむと言われていますが、通う自動車教習所により違いがあり、泊まる施設によっては宿泊費や食費などが高くなってしまう場合があるようです。

費用はまとめて支払う必要がありますから、運転免許ローンを組まなければならないこともあるでしょう。運転免許ローンを組むには審査があり、審査に通ってから入校することになります。ギリギリで申し込むと期日に間に合わなくなりますから、お早めに申し込むようにしてください。

参考|合宿免許.com
運転免許ローンの受付もしている合宿免許予約サイトです。

合宿教習にかかる費用のうちで「教習費」と「入学金」には、厚生労働省が実施している「教育訓練給付金制度」を利用できます。教育訓練給付金制度は、雇用保険の給付制度のひとつで、給付金制度を受けるには条件があります。支給される人の支給要件期間などが決まっていますから、ハローワークにご確認ください。

自動車教習所の入校前にハローワークに行って教育訓練給付金制度の申請を行い、ハローワークから発行された「教育訓練給付金支給要件回答書」を、自動車教習所の受付に提出しましょう。